Browse By

起業段階も事業拡大時期も人のつながりが重要

起業する時に多くの人の力を借りることになる

一念発起して自分がやりたかった仕事をするために起業をしようと考える人もいるでしょう。しかし、実際にいろいろ検討をした後で起業を辞めてしまう人もいるようです。自分の気力や時期が合っていなかったことが原因かもしれませんが、もう一つ理由が考えられます。それは、力を貸してくれる人が現れなかったことでしょう。起業する段階は、多くの人のサポートがないと実現させるのがなかなか難しいと言われています。そういったサポートを得られることが、まずは起業という第一歩を踏み出すための条件なのかもしれません。

事業拡大時期も多くの人のサポートを得ることになる

起業の初期段階を何とか乗り切ったとしてもまだまだ安心はできません。起業段階での失敗は、それこそ自分でコケルというレベルのものですが、初期段階を過ぎると、完全にビジネスの競争社会での生き残りを求められるようになります。その競争に勝ち残っていくには、自分だけの力では難しいのは起業初期段階と同じです。ここでも、多くの人のサポートをいかに得られるかが事業拡大のポイントになるでしょう。自分の人間性が問われることになるはずです。

経営が苦しい時は助けてくれる人が現れる

起業して事業を続けていく間には、経営が苦しいときがあるでしょう。売上高が伸びない、失敗ばかりでクレームが発生する、支払に必要な資金を必死にかき集める等苦労する時があるはずです。こういった時にたった一人で戦うのが自営業の基本ですが、そうはいっても事業に直接的な内容ではないかもしれません、他の人がサポートをしてくれることもあるはずです。中には、発注してくれる、資金を貸してくれるなど事業への直接サポートをしてくれる人も出てくる可能性もあります。そういったサポートが得ることができれば長く事業を続けていくことができるでしょう。

会社の創業の支援を受ける事によって、スムーズに会社を創業する事が出来るようになる他にも多くのメリットがあります。