Browse By

企業にとってありがたい存在の営業代行サービス!それを使いこなすための注意事項

便利と万能の履き違えにはご用心

最近は便利な世の中になったもので会社の営業活動を代わりにやってくれる会社なるものまで登場してきています。「どうもうちの会社は営業が苦手で」などと思っている人なら反射的に飛びつきたくなりますが、それはちょっと待ってください。ただ、黙ってお願いすれば会社の営業成績を自動的に上げてくれるなどと考えるのは、いくらなんでもお花畑すぎるというものです。営業代行サービスを利用するにしても、それをいかにうまく使いこなすかという知恵が依頼する側にも必要となってくるのです。

営業経験豊富!されど過度な期待は禁物!!

まずは、自分たちの会社の営業の一体何が問題なのかを分析する必要があります。それによって営業代行をお願いする会社も変わってくるからです。例えば、単に営業マンのリソースが足りなくて仕事が回らないというだけなら人件派遣型の営業代行サービスを利用すればよいでしょう。営業経験豊富だというスタッフが送られてくるはずですが、ただ、過度の期待は禁物です。本当に凄腕の営業マンならばどこかの会社に抱きかかえられているはずで、そうではないということはあくまでもそれなりの人材ということです。

成功報酬型なら低リスクは必ずしも正解ではない!

電話でアポをとるのが苦手というような場合にはコールセンター型のサービスがあります。これは電話専門の営業代行サービスですが、1回電話をかければ100円といったようにかけた回数で料金が発生するものと、アポを1回取るのに成功すれば1万円というように成功報酬だけを貰うサービスのふたつに分かれます。一見、後者の方がリスクも少なくて安全なように見えますが、こちらにとってリスクが少ないということは相手にとってはリスクが大きいということです。当然、そのリスクを回避するために成功報酬は高めに設定されています。したがって、1回の成功に対してそれだけの金額を払う価値があるかどうかをこちらで慎重に検証する必要があるというわけです。

最近では、営業代行というサービスがあります。このサービスは営業のエキスパートが依頼もとの会社の商品などをしっかり把握して、営業を代行してくれるサービスです。初めてで不安な方は、無料で相談にのってくれる所もあります。