Browse By

どんな部屋にする?何色を選ぶ?カーテンの選び方

部屋を広く見せたいときは

面積の広いカーテンは、部屋の印象に大きく影響を与えます。部屋を広く見せたい時には、壁の色に合わせたカーテンを選ぶことで、壁にポイントを作らず部屋全体を広く見せることができます。また、明るい色のカーテンを選ぶと、部屋全体を明るく見せ、広さを感じさせます。反対に、家具やカーテンに濃い色を多用すると、シックな部屋になりますが、圧迫感も与えてしまいます。白は圧迫感を与えにくい色なので、カーテンに合わせて家具も白を基調としたコーディネートにすると広く見せるのに効果的です。

暖色系のカーテンは?

赤やピンク、黄色、オレンジ、ベージュやブラウンなどのカラーを暖色と呼びます。暖色、という名のとおり、これらは暖かみを感じる色です。そのため、家族が集まるリビングや、小さいお子さんの子ども部屋などにおすすめの色です。比較的落ち着いた印象の部屋にしたいのならば、暖色の中でも落ち着いた色味を選び、家具と色のトーンを合わせます。子ども部屋などは、黄色やピンクなどを使うと明るく元気な印象になりますが、がちゃがちゃしすぎずないよう、家具や小物に色を多用しすぎないようにすると、バランスが良いでしょう。

寒色系のカーテンは?

寒色とは、青や水色、緑など涼しげな色をいい、特に夏の時期に使いたいカラーです。青や緑には、神経を落ち着かせ、心を穏やかにする効果があるので、寝室におすすめです。また、青には食欲を減退する効果があるので、ダイニングには適していないと言えるでしょう。無彩色と呼ばれる白や黒、グレーはモダンなイメージを作ります。しかし、柄のない白や黒では印象が強くなりすぎてしまうので、適度に柄の入っているものを選ぶと部屋にもなじむでしょう。

ひもカーテンは一般的なカーテンとは異なり、多数の紐をぶら下げたデザインになっています。そのため、室内の雰囲気を演出するインテリア用品として用いられることが多く、飲食店などではのれんの一種として使用されています。