Browse By

個人情報流出の危機!?プライバシーを守る盗聴器発見サービスって?

個人情報が簡単に盗まれてしまう危険性ってあるの?

個人情報流出や顧客名簿の売買が問題になっていますね。たいした情報なんかないから自分は大丈夫だろうとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、残念ながら平凡な生活を送っていてもいつ被害に遭うのかわからないのが現状です。被害の一例ですが、近所の住人の一人が何故か自分の家の内情に詳しく、外出先や家の中でしか話していない内容の会話も知っている事を不審に思って調べたところ、家の中から盗聴器が出てきたというケースがありました。驚いて警察に通報、その後の調べで怪しいと思っていた近所の住人が犯人とわかり、なんと他の複数の家にも盗聴器が仕掛けられていたというから驚きです。やはりプライバシーを侵害されるのは嫌なものですから個人でできる対策はしておきたいものです。

盗聴器発見サービスってどうなの?

引越し業者では盗聴器発見サービスというオプションを売り出しています。引越し前に盗聴器があるかどうか調べてもらうサービスですが、盗聴が気になるけど自意識過剰かしら・・と悩む方が多いようです。引越し業者によって料金プランは様々ですが、探偵や専門業者に依頼するより比較的安い料金で利用できるようですよ。専門業者ではないのですから、徹底的な調査は期待できませんけど、一応見てもらおうかな?くらいの時は気軽に利用できるので便利ですね。引越し前に発見した方が盗聴器の撤去費を家主に交渉する事もできますし、なにより安心して生活できるのが良いですよね。

専門業者の盗聴器発見は凄い!

探偵やセキュリティー業者、盗聴器発見を専門に取り扱っている業者は、とても大きなアンテナを使用して短時間で見つけれくれる場合があります。その分料金も高額ですし、一部屋ごとの別料金なので、お財布のダメージは覚悟したほうが良いでしょう。盗聴器は概ねコンセントの差込口の内部に仕掛けられていますので、専門知識のある業者に取り除いてもらったほうが安心ですね。また専門業者のアンテナの性能は素晴らしいく、盗聴器発見の依頼主の自宅を調査したところ、このお宅ではなく、付近の別のお宅に盗聴器が仕掛けられていた事が発覚したという例もあります。この場合、依頼主ではないので盗聴器を仕掛けられていることは一切話してはならず、そのお宅の盗聴器はそのままになってしまうとか・・・気が付かないうちに盗聴の被害に遭う事もある様なので、やはり気になる事がある場合は専門業者を利用してしっかり調べてもらった方が良いようです。

仕事をしていると外部若しくは一部の人にしか出せないことやある一定の期限までは見せることのできないことを記載した文書を取り扱うことがあります。このような文書を機密文書といいます。内容により、どの役職まで公開できるかなどの分類がされており、扱いが厳重になっていきます。保存方法も上位になるほど厳重になります。