Browse By

意外と大事!社内でのコミュニケーション!

売り上げの数字だけが大切なわけじゃない!

会社では、どうしても売り上げや予算などに目がいきがちです。数字を上げるために色々な施策を行うこともあるでしょうが、その中に社内コミュニケーションの円滑化は含まれていますか?仕事は一人ですることはほとんどありません。社内で分担して作業を進めることが多くなっている以上、その作業の円滑化が重要となります。きちんとコミュニケーションが取れないと、行き違いなどが増え、仕事がスムーズに進まなくなってしまうのです。その円滑化に一役買ってくれるのが社内コミュニケーションなのです。

社内コミュニケーションを円滑にするためには?

売り上げのようにきっちりと数字で見えないのがコミュニケーション。どのぐらい上手くいっているのかは、なかなか測れるものではありませんが、逆に売り上げなどの数字に表れてくることもあります。コミュニケーションを円滑に行うためには、やはりお互いのことをよく知ることです。少し面倒に感じても、一緒にランチをとってみるとか、夜に軽く飲みに行ってみるなど、職場を離れた場所で話をしてみるというのは重要なのです。また、コミュニケーションが上手くいかない社内では定着率が低くなり、メンバーの入れ替わりが激しくなってしまい、なかなかよい売り上げは上げられないでしょう。

大事なのはマナー?社内コミュニケーション!

どういった場でも、マナーは大切ですし、特に会社内であれば、極力「無難な発言」を心がけることが必要です。その職場によって雰囲気の違いはあるものの、その対応はどの会社でも通用するものです。ネガティブな発言や、不満などを発言しないように気をつけ、必要ないことはあまり口を開かないのが大切です。そして、社外でコミュニケーションをとった時にも、なるべくポジティブな発言を心がけましょう。ポジティブな発言をする人に、人は惹かれるものです。

BCPとは事業継続計画(Business continuity planning)の略で、地震、台風などの災害や、大規模な伝染病の大流行、日本や世界を脅かす出来事が起きたときなどによって、万が一事業活動が中断された時に、その時進めていた重要な仕事を中断させないように、普段から事業継続について計画を練っておく事です。