Browse By

大規模太陽光発電所建設に向く建設用地3選

産業廃棄物最終処分場跡地

最終的に燃えないゴミは、そのほとんどが、「埋め立て」られます。しかし、ゴミはゴミなので、どのような汚染物質があるかもわかりませんし、また、地盤としても固くなりにくいため、建物建築用の土地としても使えません。そもそも、ゴミの埋まった土地に、夢のマイホームを建てようと思う方は少ないでしょう。しかし、太陽光発電所は、最終処分場跡地であっても問題ありません。埋立地のため、整地はされているので、ソーラーパネルを設置するだけで発電が始められます。

閉鎖したゴルフ場跡地

ゴルフ場運営に行き詰まり、その閉鎖を余儀なくされたゴルフ場は、全国的に意外と多いといえます。特に郊外のゴルフ場に多く、また、ゴルフ場は、山を切り開いたところにあることが多く、その利用方法はなかなか見つかりませんでした。しかし、太陽光発電所にはうってつけの立地といえます。山を切り開いてあるため、日当たりが非常に良く、日当たりが良いということはソーラーパネルの発電量があがります。ゴルフ場近辺に電線があれば、それだけで太陽光発電所が建設可能です。

田舎に多くある休耕地

郊外によくある、整備された田んぼは、意外と太陽光発電に向いた土地といえます。特に、耕作者がいなくなり、休耕地となった田んぼは全国的に増えてきていますが、その利用法として太陽光発電所は最適です。そもそも、田んぼはその土地は確実に「平坦」であるので、あとは地盤を固めるだけでソーラーパネルを設置できます。休耕地であっても、実際に太陽光発電を始める場合には、農地転用が必要になりますので、その土地を管轄する農業委員会との協議が必要です。

太陽光発電の価格は、年々向上する技術革新を背景に安くなっており、太陽光発電設備が開発された時代と比べて約十分の一くらいの費用で導入することができます。また、補助金制度や住宅エコポイント制度を利用することでさらに導入コストを削減することも可能になっています。