Browse By

自分で簡単にできる!トイレの詰まりの直し方

ラバーカップを使った直し方

ホームセンターなどで購入できるラバーカップは、いざという時のために持っておきたいアイテムです。これがあれば、簡単なトイレの詰まりはほとんど解決できます。使い方はとても簡単で、便器の中の水が半分ぐらいに減るまで待ち、ラバーカップで穴の部分を塞ぐように密着させます。そして、押して引くという吸引作業を行い、水がどっとながれていけば、詰まりが解消された合図です。ラバーカップが便器から外れないように、密着させながら行うのがコツです。

頑固な詰まりは重曹で解決

ラバーカップで解決できない頑固な詰まりには、重曹を使った直し方があります。重曹4分の1カップ、お酢2分の1カップ、ぬるま湯を便器の中に投入し、1時間ほど放置します。ぬるま湯と重曹によってふやかされるため、つまりの原因物が柔らかくなり、ラバーカップで吸引すると、するっと水が流れ、詰りが解消されるはずです。この方法で行ってもトイレの詰まりが解消されない場合は、水回り専門の業者に相談するのが賢明でしょう。

業者に頼んだ場合の費用

トイレの詰まりを業者にお願いして直してもらうと、基本料金や作業費、材料費などを合わせると、だいたい5000円から8000円ぐらいの見積もりになるのが相場です。無駄な出費を出さないためにも、トイレの詰まりの原因を作らないことが大切になります。基本的に、トイレットペーパー以外の物は流さないようにしましょう。また、トイレットペーパーを大量に使うときは、流れる分量だけを使うようにし、一度にたくさん流さないよう注意しましょう。

トイレ詰まりを放置しておくと、たちまち困ったことになりますから、すぐに専門の業者に連絡を入れましょう。