Browse By

ライバルが多ければ売るだけではなく様々な工夫が必須に

そもそも代理店の仕事とは

そもそも代理店とは、製品を生産していたり、サービスを提供している会社に代わってそれらの商品の営業や販売をすることがメインの仕事になります。商材は多種多様であり、旅行や保険、求人広告など多くあり、代理店はそれらを提供している会社と契約を結び、商品を売った数や量に応じてマージンを得ることとなります。そのマージンが代理店の収入になるので、どれだけ売ることができるのか、ということが非常に重要になってくるのです。

代理店契約を結んでいるのは自分たちだけではない

意地悪な話にも聞こえるかもしれませんが、代理店を募集している会社の中には、契約を結んだ代理店同士で営業および販売成績を競わせているところもあります。会社としてはより多くの商品を売ってもらえば売り上げが伸びることとなりますのでメリットは非常に大きいのですが、代理店としてはライバルと同じ商品を取り扱うことになりますので、非常に厳しい状況に置かれることとなります。そのために営業や販売では工夫が求められることになります。

どう売るかを考えていく

ただ単純に商品を営業したり販売すれば売れるものではありません。例えば割引であったりアフターサービスであったり、他社との差別化をはかる必要があるのですが、ただ、商品を提供している会社からそれらのサービスの制限を受ける場合もあります。そのために工夫がしにくく、ライバルとなる代理店との差異を生み出しにくくなります。とはいえ売っていかなければならないので、ライバルが多い場合ですと非常に苦労をすることもあります。

代理店になることで責任がないわけではありませんが、自分は他社のメーカーの商品などを販売しているだけなので大手参入によるリスクなどを負うことがないといえます。