Browse By

プライバシーと個人情報の違いとは!?その特徴について考察

個人情報とは個人を特定できる情報

現在は、個人情報とプライバシーの侵害など、同じ様な内容として扱われていますよね。言葉の意味としては違いがあり、言葉は正しく使う事が大切ですよ。個人情報とは、個人が特定できる情報になります。例えば、年齢や名前、住所や電話番号などもその一つであります、個人が特定できない情報は、個人情報と呼べませんよ。例えば、名前と年齢だけであれば、他の人もいるかもしれませんよね、逆に言えば、住所や電話番号のみであれば、個人を特定できるため、個人情報と呼べるでしょう。

プライバシー情報は生活内容にある

プライバシーの侵害とは、個人がどのような生活をしているかの情報を把握できる内容になります。例えば、朝起きてコーヒーを飲む事について知られる事についても、プライバシーを侵されていると言えますよ。現在、カップルや夫婦の中には、GPS機能の携帯を相手に持たせ、常に位置情報を把握している人がいますが、これは例え夫婦でも、相手の了解を得ていなければプライバシーの侵害に当たる可能性があるため注意が必要ですよ。家族間であれば良いと思う人もいますが、例え親子関係であっても、子供や親が嫌がる内容はプライバシーの侵害に当たる可能性もあります。

両方の意味がある情報もある

情報の中には、プライバシーに値する内容であり、個人情報でもある情報もあります。買物をするレシートもその一つであり、レシートをゴミ袋に入れて捨てた時点で個人情報と変わる事もありますよ。ゴミ袋に入れたレシートは、個人を特定し易く、又、実生活の内容も把握される物ですよね。銀行口座の入出金記録なども、口座番号から個人を特定して、生活内容を把握される可能性があります。コンビニに設置しているATMから出る証明書は、必要なければ出さない方が望ましく、買物におけるレシートは、必要でなければ求めない事が重要と言えるでしょう。

機密文書とは、会社や企業などにとって特に秘密保持が重要とされる文書のことですが、この中には個人情報を記載した書類も含まれます。