Browse By

個人でも必要になってきている倉庫について知っておこう!

倉庫を借りるのは会社だけではない

倉庫というとどのようなモノを連想するでしょうか。倉庫にはたくさんの段ボールが積まれていて、その段ボールの持ち主は大きな会社の荷物だったりすることが多いのですが、最近は個人単位でも倉庫を借りることができるのです。それが貸し倉庫やトランクルームと言われるもので。よく大通りの空き地にコンテナが置かれているのを見たことがあると思いますが、それも個人で借りる倉庫の一種ですし、ワンルームマンションの一室が倉庫に改良されていることもあるのです。

倉庫やトランクルームの種類

貸し倉庫やトランクルームには、大きく分けて2つの種類があります。一つが専門的な保管サービスを主とするものです。例えば、会社の重要書類や事務機器、個人の家財などを保管する倉庫やトランクルームです。この場合、空調が付いていたり、開閉時間が決まっておりセキュリティーがしっかりしているのがポイントです。もう一つは専門的な保管サービスをしていない倉庫やトランクルームで、食器や衣類などを預けるのに向いており、費用は安い代わりに24時間いつでも開くことができます。

貸倉庫やトランクルームが流行っている背景は?

このような商売が増えた理由は、個人で荷物を預ける場所を探している人が多いからですね。かつては荷物を預ける人と言ってもごく少数だったかもしれませんが、最近は多くの人が貸し倉庫やトランクリームを利用している背景には必要以上に物を所有している人が増えたからです。すぐには使わないけどもいつか使うかもしれないものまで所有していることで、家の収納には収まりきらないことが新しいカタチの倉庫を生み出したのです。不況だと言いつつも物の豊かな現代。今後もしばらくこの傾向が続くかもしれませんね。

倉庫は荷物を長期間保管するための物件なので、荷物の性質に適した設備が整っている所を選ぶように心がけます。